テレビが子どもに及ぼす影響

テレビが子どもに及ぼす影響

テレビが子どもに及ぼす影響

テレビは娯楽の一つですし、日常生活になくてはならないものです。ニュース、スポーツ、ドラマ、バラエティなど様々な番組が提供されており、いろいろな情報に触れることができるとともに、楽しみを提供してくれています。衛星放送の導入以来、テレビチャンネルも増え、見たい番組が増えて余暇の時間がほとんど占められてしまうこともあります。無料の放送でもそうなのに、有料放送まで視聴すると、何を見ていいのかわからなくなってしまいます。

大人の場合はまだしも、子どもがテレビを視聴することは、あまりいいことだとは言えないようです。画面から一方的に流れてくる映像や音声を受けますので、受動的な対応となってしまい、本を読むことと比較して、文字を覚える機会が減っていくようです。様々なメディアへの接触年齢が低年齢化し、これが長時間化する傾向にあると、外で友達と遊ぶ時間がなくなり、人との関わり希薄になってしまいます。ゲームについても当てはまりますが、時間を決めて視聴させることが必要だと思います。

注目情報

Copyright (C)2016テレビが子どもに及ぼす影響.All rights reserved.